家族が鬱にかかったらどんな治療をすすめるか

専門科は精神科です

うつ病を発症しやすい性格

うつ状態は身近かなもので、誰にでもおきると思って良いでしょう。
一時的なものであれば、特別な治療をしなくても自然に回復することがほとんどです。

困るのは、うつ状態が二週間以上長引いたり、色々な身体的な症状が出たり、そのために社会生活に支障をきたすことです。
こうなると、専門的な治療を受けることが必要です。

なぜ、うつ病になるのかといえば、脳の中で働いている様々な「神経伝達物質」が関与しているといわれています。
神経伝達物質というのは、「心の働き(意思や感情)を、体の働き(行動や運動)を行う細胞に伝えていく」という働きをしています。
一説では、この神経伝達物質のうち、「モノアミン」が減ることでうつ病が引き起こされると言われています。
モノアミンは、「セロトニン(抑制型神経伝達物質)」、「ノルアドレナリン(興奮型神経伝達物質)」、「ドパミン(興奮型神経伝達物質)」の総称です。
通常は、神経伝達物質がバランスよく働き、脳の機能は正常に保たれています。

しかし、うつ病では、これらの神経伝達物質が減少するために、心にも体にも、色々な症状が出てきます。
引き金になるものとしては、過剰なストレスや過労などが挙げられており、喜怒哀楽のコントロールができなくなってしまうと考えられています。

うつ病になっても、治療をすれば喜怒哀楽のコントロールができるようになります。
しかし、うつ病になる前が100点満点の人だったとすると、治療をしてからでも100点満点には戻らないと思っていればよいでしょう。
100点満点をゴールとしないで、90点満点を目指せば良く、「新しく生まれ変わった」と思えば良いのです。



TO_TOP