家族が鬱にかかったらどんな治療をすすめるか

専門科は精神科です

>

うつ病の基礎知識

精神的症状

第一に、「抑うつ状態」が代表的な症状です。
抑うつとは、物事に興味がもてない、気持ちが落ち込む、何もかも億劫、憂うつ、自責の念、希望が持てないなどの言葉で表現されます。
一時的な抑うつ状態は、誰もが経験があることだと思いますが、特別な治療をしなくても自然回復できる場合がほとんどです。
もし2週間以上続くようであれば、精神科の受診をしてください。

うつ病の場合は、抑うつ状態になる頻度や、一日の中での気分の変動があるか、そうなってからどれぐらいの期間が経っているのかなど、その人なりの病状経過があります。
また、他にもある精神的な症状は、何をしていても楽しくない、他の人が笑っているのに笑えない、読み書きがうまくできなくなった、記憶力や記銘力が低下した、不安と焦り
で心の中がいっぱい、むなしい、消えてしまいたいなどの表現が出てきます。

身体的症状

うつ病になると、不眠・過眠などの睡眠障害、食欲の減退、疲労感や億劫さ、動悸・胸痛・息苦しさなどの症状が出てきます。

副作用では、小刻みな震えが出ることがあります。
肝機能を表す検査結果の数値が基準値より高くなることもあります。
医師には診察時に、以前より改善した部分とともに、副作用かと思って心配していることも併せて伝えてください。
しかし、検査結果では、どこも悪い所がないことが多く、体の不調な部分の症状が楽になるように、対症療法として、薬を出してくれる場合があります。
女性では、更年期障害と似たような症状なので、婦人科を受診することもあります。
実際に、ホルモンのアンバランスによる場合も、うつの症状はでてきます。
自分ではうつ病とは思っていないので、精神科を受診するのは最後の方になっているようです。


この記事をシェアする
TO_TOP